下腹の出た体型をシェイプアップしてスリムになるには

摂取カロリー量を減らしても、理想の体型になれるようなダイエットを成功させることは困難です。自分の力だけでは、なかなかどうにもならない部分の一つにポッコリとした下腹があります。

どんな体型を理想とするかは個人差がありますが、くびれたウエストは多くの人に好まれます。しかし、ウエストを細くしたけれど、下っ腹は出っぱったままで困っているという人もいます。理想体型を目指して体重を減らしたのに、体重が減っても下腹の膨らみは残っていて、プロポーションの改善にならないこともあります。お腹の膨らみは、カロリー制限に力を入れたり、ハードな運動を続けていても、解決にならないことがあります。毎日の生活から不摂生をなくし、健康的な毎日を過ごすことで、下腹の出っ張りを解消できることがあります。

まずは普段から猫背になっていて体の姿勢が悪い人は、ポッコリとした下腹の原因になります。日頃から背筋を正し、真っ直ぐな姿勢で暮らせるようにすることで、傍から見た時のお腹の具合は引き締まって見えやすくなります。内臓脂肪が蓄積している場合は、ちょっとした運動で消費することが可能になります。普段の動作では使う機会がないインナーマッスルを使う運動をすることで、内臓脂肪の代謝が促進できます。お腹を引き締める効果があるというストレッチの中には、天上を見る姿勢で床に横になり、足を少し広げ、腰を持ち上げるような動作があります。